株式会社リスティングプラス

説明画像
充実した社内研修制度
説明画像
ノートPC支給、デュアルモニターなど効率重視の環境
説明画像
セミナーの開催や他社セミナーへの積極参加
成長できる企業
リスティング広告×LPO対策でウェブの売上を倍増するネット集客
ビジョン 従来のPPC広告業界のレベル底上げと売上UPに役立つ情報を発信する。
目標 クライアント様と共に成長し本当に良い商品をエンドユーザー様に届けることへの挑戦
事業内容 ・リスティング広告運用代行事業
・リスティング広告コンサルティング事業
・セミナー講演、教材販売事業
・ランディングページ、ホームページ制作事業
所在地 〒164-0001
東京都中野区中野4-4-11 第12南日本ビル7F
資本金 1,000万円
採用計画 ・2013年度新卒2名採用予定
・2013年度中途2名採用予定
募集職種 ・WEBデザイナー
・WEBディレクション
・リスティング広告担当
・WEBマーケティング
企業URL http://ppc-master.jp/
自社のウリ ■稼ぐスキルを身に着ける事が出来る
■セミナーや教材を経費で購入できる
■社会保険や引っ越し費用の補助など、勤務条件が良い
■髪型、服装自由、ルールに縛られず臨機応変に休憩や休みが取れる自由な社風
採用情報
  • パッション業界就職ナビ
  • ジョブセンス

株式会社リスティングプラス 代表取締役社長 長橋 真吾

株式会社リスティングプラス
代表取締役社長 長橋 真吾
1984年 長野県生まれ
2007年 日本体育大学卒業
2007年 株式会社光通信に入社
2009年 株式会社クドケンに転職
2011年 株式会社リスティングプラス設立

将来、一人で稼げる人材の育成とネット集客の効果を中小企業様に伝えたい。

株式会社リスティングプラス
代表取締役社長 長橋 真吾

―御社の事業内容を教えてください。
弊社は、検索エンジンの検索結果に1クリック20円~100円程でサイトに集客するリスティング広告の広告運用代行サービスをメイン事業として行っております。効率的に販売サイトにお客様を集める事が出来、明日から売上をアップする事が出来るネット集客の代行業です。特に近年は多くの企業様がリスティング広告集客を導入しておりますが、費用対効果の高い広告運用を行えている企業様はわずかで、弊社では専門の知識がない企業様、より費用対効果の高いネット集客をお望みの方を支援させて頂いております。また集客するサイトを売れるサイトへと作り変えるLPO対策などにも力を入れており、ネットからの売上アップに貢献する事が可能です。

―御社の成長の秘訣は何でしょうか。
一般的なリスティング広告の代理店様は、基本リスティング広告の運用管理だけをサービスとして行いますが、弊社では集客したサイトの作りや見せ方が最も重要と考え、集客面とセールス面の双方を改善する事が出来る点が支持されている理由になります。また、従来の広告費×20%というサービス料金を改め、固定料金でのサービス提供を行う事から広告費の増額に伴い、サービス料金が上がらず利益だけが上がる料金体系にてサービス提供を行っております。リスティング広告集客のスキルや知識の取得の徹底に加え、従来の常識を一新し、お客様にデータや利益がより上がりやすいサービス形態が弊社の成長の秘訣です。

―経営において、大切なことは何でしょうか。
経営において最も大切なことは、継続的に売上が上がる仕組みを確立することです。世の中には様々な企業様がありますが、長期的に勝っている企業には共通点があり、どれも継続的に売上が上がる仕組みを確立しています。弊社も、継続課金モデルのみを事業展開し安定した経営を行っております。また、ネット集客の世界は従業員個個のスキルや知識に依存する部分が多く、人材の成長が企業の成長と考えています。長期的に勝てるビジネスモデルの構築と、それらを提供する人材の成長が弊社の経営ではもっとも大切です。

―今後のビジョンをお願いいたします。
「サイトや売りたい商品はあるけれども、ネットでどのようにすれば売れるのかわからない。」「効率よくリスクの少ない広告販売を行いたい。」このような思いを持っている中小企業様に向けてよりリスクのすくないネット集客の方法を伝えていくことと、弊社で働くスタッフ全員に将来的に一人で独立出来る力を身に着けて欲しいと思っています。設立から3年で10億規模まで会社を拡大し、社会への貢献の中で人材の成長を加速させる企業として発展していきたいと思っています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

PAGE TOP