株式会社ニトリ

監修企業からの選出理由 Comming soon

説明画像
気軽にコーディネートして毎日の暮らしを豊かに
説明画像
毎年900名以上がアメリカ研修に参加しています
説明画像
原材料調達はアフリカにまで実際に赴きます
成長できる企業
企画・開発から製造・輸入、物流、販売までを一貫してプロデュースする。
ビジョン 欧米並の住まいの豊かさを、日本の、そして世界の人々へ提供する
目標 2032年 目標3,000店舗 売上高3兆円 世界一の暮らし提案企業へ
事業内容 家具・インテリア用品(ホームファニシング商品)の企画・製造・販売、新築住宅のコーディネート、デベロッパー事業、法人事業、物流、海外事業、貿易、品質管理、広告宣伝等。
所在地 〒115-0043
東京都北区神谷3丁目6番20号
資本金 133億7,000万円
財務情報 2012年2月期実績 3,310億1,600万円
株式公開 東証1部
採用計画 ・2013年度新卒300名採用予定
募集職種 総合職
42部署、150職種の中から配転教育制度により、様々な経験ができます。
企業URL http://www.nitori.co.jp/
自社のウリ ■企業理念
■配転教育制度
■製造・物流・小売を自社で一貫して行うビジネスモデル
採用情報
  • ニトリ新卒採用ページ
  • リクナビ2015

株式会社ニトリ 人材採用部マネジャー 玉上 宗人

株式会社ニトリ
人材採用部マネジャー 玉上 宗人
1991年 早稲田大学卒業
1991年 住友銀行(現・三井住友銀行)に入社
1999年 三井住友銀行本店営業第一部に配属(合併による再編)
2006年 コスモ・コミュニケーションズに転職
2007年 株式会社ニトリに転職

付加価値のある人間になろう!

株式会社ニトリ
人材採用部マネジャー 玉上 宗人

―御社の教育制度を教えてください。
ニトリでの最大の教育制度は配転です。「製造・物流・小売」を自前で行うことにより生れた、150職種を超える広いフィールドを活かして、多くの「経験値」を積ませることを目的にしています。多くの経験値を持つことで、どんな環境下でも新しい解決策を見出し、実行していける「スペシャリスト」を育成しようとしています。 社長は「会社を利用しなさい」とよく言います。ニトリという会社の中でのみ活躍できる人材ではなく、会社の看板が無くても自分自身が付加価値を作り出して、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

―新卒の方への期待、コメントをお願いします。
皆さんが行っているのは就「職」活動であり、就「社」活動ではありません。つまり、会社のために働くのではなく、自分のために働ける場所を探す活動です。『こういう仕事がしたい』 ではなくて、『将来どういう人間になりたいか、何ができる人間になりたいか』をもっと考えてみてください。皆さんには無限の可能性があります。私たちは「現時点の能力」ではなく、「今後の伸びしろ」に期待をして採用活動を行っています。ぜひ広い視野を持って、自分が最も成長できる、利用価値がある会社を見つけてください。

―御社の成長の秘訣は何でしょうか。
ニトリは、ロマンの実現のために、今の自分達では絶対不可能な目標を掲げ、それを大胆な変革と挑戦でクリアし続けて来ました。業績が好調であっても「現状否定」を繰り返し、今よりももっと良いものを求め続ける社風が成長に繋がっているのだと考えます。また、失敗の数が多いことも成長の秘訣です。失敗を恐れて挑戦することをやめた企業は衰退していきます。失敗してこそ、成功するための方法が見えてくる、というのがニトリの考え方です。『意欲・執念・好奇心』を持ち、3C主義(Change、Challenge、Competition)で自己成長したい人たちが集まっている会社だからこそ、ニトリは成長し続けています。

―御社のビジョンについて教えてください。
私たちが目指している方向性は"より豊かな暮らしを、より多くの人々に提供する"ということであり、これがニトリとそこで働く従業員全員の"志"です。「2032年、3,000店、世界一の暮らし提案企業になる」という長期目標を掲げていますが、あくまでも通過点と考えています。あらゆる国の住生活において「なくてはならない存在」となることが最終的な目標です。ニトリは店舗展開だけでなく、あらゆる事業分野においてグローバル化を進めていきます。新卒の方には、「これから」のニトリを共に創っていく志の高い・若い力に期待しています。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

PAGE TOP