株式会社グランバー東京ラスク

説明画像
最高の笑顔でお客様をお出迎え
説明画像
ラスク用に特別に配合した小麦粉を使っています
説明画像
4月20日、軽井沢チョコレートファクトリーオープン
成長できる企業
新しい高級菓子ブランドを生んだ、ラスク専門店
ビジョン ラスクで日本中を「笑顔」にしたい
目標 売上志向から利益志向へ、製造・販売会社全体で経常利益率15%以上に!
事業内容 ・焼菓子の製造・販売
所在地 東京都港区麻布十番2-8-8 ミレニアムタワー1F
資本金 1,000万円
財務情報 2010年11月期実績 8億4200万円
2011年11月期実績 18億4200万円
2012年11月期見込 25億円
株式公開 上場予定なし
採用計画 2013年度新卒5名採用予定
募集職種 ・営業職 ・店舗運営職
企業URL http://www.tokyorusk.co.jp/
自社のウリ ・原材料、製法にとことんこだわった自慢のラスク
・一人ひとりの裁量が大きく、仕事にやりがいを持てる
・教育に力を入れ、従業員の成長を会社が大きくバックアップ
・ラスクを主軸とした新しい事業を次々と展開
採用情報
  • エン学生

株式会社グランバー東京ラスク 代表取締役 大川 吉美

株式会社グランバー東京ラスク
代表取締役 大川 吉美
1955年 静岡県伊豆市生まれ
1974年 東京高等製菓学校へ進学
1984年 チョコレート卸専門店「スイス亭」設立
1996年 「スイス亭」から「グランバー」へ社名変更
2002年 「東京ラスク」ブランドの立ち上げ

社員と社員の家族を幸せに、そんな企業であり続けたい

株式会社グランバー東京ラスク
代表取締役 大川 吉美

―御社の教育制度を教えてください。
売上・利益目標を達成するには、社員一人ひとりの成長が欠かせません。経営視点を養い、管理面でのスキルを上げることで、1店舗の経営を担える人材を育てていきたいと思っています。そのためにも、最近では「課題に挑む」「フィードバックを受ける」「それを次に活かす」というサイクルを社員の皆に実践してもらうようにしています。また、管理者研修や販売員研修など、外部講師による研修を積極的に取り入れ、社員に成長の機会を多く提供するようにしています。

―社員の方の声を教えて下さい。
どの事業部もお客様あっての仕事です。お客様と日々接していると楽しいこともたくさんありますが、時には辛いこともあります。しかし、自分が手渡しした東京ラスクが、家族や友人を通じてたくさんの人の「笑顔」を生み出していることを考えると身が引き締まりますし、やりがいのある仕事だなと思います。 東京ラスクはどの会社より早いスピードで成長することのできる会社です。日本の「笑顔」を増やすために、一緒に頑張りましょう。(入社4年目、観光地事業部)

―経営者として、一番大切にしている事、常に心がけている事を教えて下さい。
会社にとって最大の目的は、共に働く仲間が幸せになることではないでしょうか。わたしにとっても家族とも子どもともいえる従業員には、立派に育ってほしいと願っています。つまりは人間性の豊かな人になってほしいのです。豊かな人間性を持つ人は愛されます。愛される人は未熟でも周りが育ててくれます。お客様からもう一度会いたいと思われる営業マンや販売スタッフになれたら素敵だと思いませんか。わたしはそういう人をじっくり育てるためにも、長く勤められる環境づくりをしていきたいと考えています。社員とその家族を守り、幸せにするために。

―代表者様より一言お願い致します。
当社は「東京ラスク」ブランドを展開したことで、大きく業績を伸ばすことができました。しかし、それまでの道のりは決して平坦なものではありませんでした。倒産の危機を迎えたことも何度かあります。現在でも、経営危機で100人の従業員をリストラした時の辛さがわたしの脳裏には強く焼き付いています。 「社員と社員の家族を幸せにすることを一番に考えて、これからもがんばっていくよ」 この言葉は、経営者としてのわたしの心からの想いなのです。

※このサイトは、取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。 ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性についてイシン(株)は何ら保証しないことをご了承ください。 自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

PAGE TOP