「成長できる企業」とは?
成長できる企業では、社員一人ひとりが成長できる環境のある企業をご紹介しています。
当サイトの掲載は有料となっており、掲載に関しては掲載基準があります。
当サイトの特徴は、各企業の教育・育成制度や取り組みにフォーカスしている点です。
各企業の制度・取り組みを1つずつピックアップして、その制度ができた背景や込められた想い・求める人材像、そして今後のビジョンなどをご紹介しています。
成長できる企業からのアドバイス
似合う服が一人ひとり違うように、合う企業も一人ひとり違います。AさんがA社に入社してイキイキと働いたとしても、Bさんが入社してイキイキと働けるとは限りません。ここでは自分に合う企業を見つけるポイントを書きたいと思います。

まず、その会社で“活躍している社員”に会ってみて、その人と価値観が似ているとか、将来その人のようになりたいなと思えたら、その会社は合っているかもしれません。その時点でその会社の事業内容にあまり興味が持てなくても、選考を進んでみるのもいいかもしれません。

また、大事なのは自己分析を徹底してやることです。そして、その自己分析の結果を踏まえて、本質的な企業研究をしてみてください。本質的な企業研究とは、就職人気ランキングに象徴されるようなイメージ重視の就職活動ではなく、その企業に入社してからの“日常”を想定した企業研究です。

たとえば旅行好きだからと言って、旅行会社に入社するのは早計かもしれません。「旅行好き⇒新しい人や場所との出会いが好き」という自己分析が出れば、旅行会社の日常業務との整合性を考えてみるべきでしょう。その日常業務に「新しい人や場所との出会い」の要素があればいいのですが、単純なデスクワークが日常業務だったりすると、旅行好きの人がその旅行会社に入ったら、すぐに飽きてイヤになってしまうかもしれません。もしかすると業界は全く違いますが、法人営業をする営業職などが向いているかもしれません。その営業職が、毎日いろんな会社を訪ねて、いろんな人に会って話をする日常業務なら、そこに「新しい人や場所との出会い」があるからです。

決してイメージだけで就職活動をしてはいけません。入社して、みなさんを待っているのは、“日常”です。その日常を楽しくイキイキと過ごすために、外見ばかりのイメージではなく、みなさん自身の“本質”と仕事の“本質”をよく理解してください。

社会人になって一社目に入る会社は非常に大事です。じっくりと企業を観察して、人の意見もよく聞いて、くれぐれも慎重に就職活動をしてください。
サイトをご覧になられる皆様へ
「成長できる企業」掲載企業は、
弊社が掲載基準に照らし合わせてサイト上にてご掲載しておりますが、
掲載情報については取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。
ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は
何ら保証しないことをご了承ください。

中小企業庁のデータによれば、1999年から2009年の間に77万の企業が開業しました。
その一方、116万の企業が廃業しております。
企業の生存率はそれだけ厳しいものと言えます。
自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。
くれぐれも慎重にご判断ください。
PAGE TOP